あきたノート

ゲーム『秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花(ぎんれいか)』が2020年秋~冬に配信決定!

ファミコン風アドベンチャーゲーム「ミステリー案内シリーズ」の第二弾の舞台が、なんと秋田県に決定しました!
タイトルは『秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花(ぎんれいか)』。
2020年秋~冬にNintendo Switch版から順次リリースされる予定となっています。

【10/21追記】配信予定日が2020年12月24日(水)に決定しました。
最新情報は下の記事をクリックしてください。


出典:ハッピーミール株式会社


出典:ハッピーミール株式会社

「凍える銀鈴花」のプロモーションビデオも12月9日から配信開始しました!
今作の主題歌「トワイライト~失くした明日を」にのせ、角館や男鹿、大館、田沢湖、セリオン、大潟村など、秋田県内の名所の数々が映し出されています。
まるで2時間サスペンスドラマのオープニングのような雰囲気でなかなか良いですね。

ミステリー案内シリーズとは

「ミステリー案内シリーズ」は、ファミコンゲーム風のコマンド選択式アドベンチャーゲームです。
主人公である刑事が、後輩刑事とともに捜査を進め、謎に包まれた連続殺人事件の真相を徐々に解き明かしていきます。

元々、1984年発売の「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」というファミコンゲームがあって、これはシナリオが堀井雄二氏、キャラクターデザインがファミコン通信でおなじみの荒井清和氏という素晴らしいタッグのゲームでした。

ミステリー小説並みにきっちり練られたシナリオと、ストーリーの中に散りばめられているコミカルな描写、操作しやすいゲームシステム、軽快で印象に残るBGMなど、ゲームの完成度がかなり高かったので、当時の子供たちは夢中になってプレイしたものです。

私もこの「オホーツクに消ゆ」が大好きで、北海道の地理はこのゲームで覚えたといっても過言ではないですし、復刻版サウンドトラックも買ったし、サントラ初回特典のニポポ人形(注:ゲーム内の重要アイテム)も家にあります。エンディング間際のパスワードも今だに暗記していますよ。

私にとって今でも摩周湖と聞けば真紀子さんを思い出すし、トドワラは木の墓場みたいな場所だし、阿寒湖にはアイヌの民族衣装の観光客と写真屋がいるし、和琴温泉はめぐみのバスタオルなわけですが、まあそんなことはどうでもいいです。

とりあえずそんな感じで、30年以上たった今でも根強いファンが大勢いるので、「オホーツクに消ゆ」のような2時間サスペンスドラマ&ファミコン風アドベンチャーゲームを再び製作しようというプロジェクトが発足しました。
それが2019年に発売された前作の「伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠」です。


出典:ハッピーミール株式会社

伊勢志摩ミステリー案内
偽りの黒真珠
Nintendo Switch

「偽りの黒真珠」は現在Nintendo Switch、PS4、Steam、DMM GAMESでゲームが配信されています。
これが好評だったので、クラウドファンディングで資金を集めて、第二弾のゲームとして製作されることになったのが、今回の「秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花」なのです!

今後の情報

これから開発が進むにつれて新しい情報が発表されていくと思います。
現時点では、物語の舞台が秋田県であることと、登場するキャラクターと開発中の画面のいくつかをプロモーションビデオで確認できます。


出典:ハッピーミール株式会社


出典:ハッピーミール株式会社

馴染み深い秋田県が物語の舞台になるとは思わなかったので、なんだか嬉しいですね。
見覚えのある観光スポットの数々がドット絵で表現されているのも面白い!


出典:ハッピーミール株式会社


出典:ハッピーミール株式会社


出典:ハッピーミール株式会社

公式サイト

12月12日(木)に「凍える銀鈴花」の公式サイトが公開されました!


https://bonusstage.net/ginreika/

今後新しい情報が明らかになり次第、順次追記していきたいと思います。


出典:ハッピーミール株式会社

詳細情報

タイトル:秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花
配信予定日:2020年12月24日(水)予定
配信プラットフォーム: NintendoSwitch、PS4、STEAM他
備考:ダウンロード専売
(※Nintendo Switch版はパッケージ版の販売予定あり)
ジャンル:ファミコン風コマンド選択式旅情アドベンチャー
価格:未定
プレイ人数:1人
開発:ハッピーミール株式会社
発売:フライハイワークス株式会社

関連情報:秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花(公式サイト)

 

2019-12-10
秋田の話題