あきたノート

「秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花」の最新情報が明らかに

現在Nintendo SwitchやPS4などで制作中の、秋田県を舞台にしたゲーム「秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花(ぎんれいか)」

凍える銀鈴花配信予定
出典:ハッピーミール株式会社

先日、発売予定日を2020年初夏から2020年秋~冬に延期するという発表がされましたが、新キャラクターやゲームシステムなどの情報が新たに公開されました。

【10/21追記】配信予定日が2020年12月24日(水)に決定しました。
最新情報は下の記事をクリックしてください。

これまでのまとめ

「秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花」は、「伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠」の続編です。

前作と同じく、当時のファミコンのグラフィックやシステムなどの仕様を再現している、コマンド選択式アドベンチャーゲームになっています。

今作でも、プレイヤーである刑事の「センパイ」と、後輩刑事の「開明寺 ケン」が、謎に包まれた事件の真相を解き明かしていきます。

ゲームの舞台が秋田県なので、今回は秋田県内をあちこち飛び回って捜査を進めていきますよ。
一体どんなストーリーになるのか楽しみですね。

開明寺ケン

 
秋田県警に所属する刑事たちも登場します。

秋田県警の刑事たち

前回の記事でも紹介しましたが、秋田県内の観光スポットもいろいろ登場します。
ファミコン準拠のドット絵なのに、各地の風景が見事に再現されていて素晴らしいです。

ドット絵の秋田県

今回の新情報

今まで謎だった、今作のヒロイン「りん」の素性が明らかになりました。
秋田犬ふれあいセンターで健気に犬たちの面倒を見ている女性のようです。

りんの素性

新しいキャラクターも4人公表されました。
来日中のロシアの新体操選手、娘を愛するシングルマザー、可愛い秋田犬、そして明らかに前作で見たことあるような謎の男ゼロ。
どのキャラも物語に深くかかわってきそうで、非常に気になります。

この他に登場する新キャラについては、今後徐々に明らかになっていくそうです。

4人の新キャラたち

ゲームシステム

ゲームシステムも、前作よりも遊びやすくなるように進化しています。
既読台詞のスキップ機能が搭載されたり、セーブデータが3つに増えるのはすごく嬉しい!

追加されたシステム

「スマホつかえ」→「カメラ」のコマンドで、背景画像を保存できる機能も搭載されました。
ドット絵で再現された秋田県の風景の数々を、コレクションして見ることができるのは良いですね。
旅行気分を味わえますし、元ネタになった場所を知っているとさらに楽しさ倍増です。

ギャラリー機能搭載

ゲーム内の文字の表示方法は、前作ではファミコン風のカクカクしたドット文字でしたが、滑らかな高解像度フォントも選択できるようになりました。

滑らか高解像度フォント

ドット文字の方がファミコンゲームらしくて雰囲気がありますけれど、当時のファミコン世代の少年少女たちもボチボチ老眼が始まるお年頃。
読みやすい高解像度フォントで物語をスムーズに進めていくのも良いかと。

ドット文字

7月19日(日)のニコニコ生放送で判明した新情報は、クラウドファンディングの活動報告にまとめられています。
凍える銀鈴花の公式サイトにも、7月20日(月)に最新情報がアップされました。

凍える銀鈴花公式サイト
https://bonusstage.net/ginreika/

今後も「凍える銀鈴花」の新情報とゲームの発売日を楽しみに待ちたいと思います!

凍える銀鈴花タイトルロゴ
出典:ハッピーミール株式会社

詳細情報

タイトル:秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花
配信予定日:2020年12月24日(水)予定
配信プラットフォーム: NintendoSwitch、PS4、STEAM他
備考:ダウンロード専売
(※Nintendo Switch版はパッケージ版の販売予定あり)
ジャンル:ファミコン風コマンド選択式旅情アドベンチャー
価格:未定
プレイ人数:1人
開発:ハッピーミール株式会社
発売:フライハイワークス株式会社

関連情報:秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花(公式サイト)

 

2020-07-20
秋田の話題