あきたノート

【大館市】渋谷から秋田へ!鉄道車両「青ガエル」が秋田犬の里で正式に一般公開

「青ガエル」の愛称で親しまれてきた鉄道車両の一般公開が、2021年5月7日(金)から始まりました。

車両は秋田県大館市の『秋田犬の里』の敷地内に設置されていて、9時から17時までの間、中を自由に見学したり休憩をすることができます。

青ガエル1
出典:秋田犬の里

青ガエルについて

「青ガエル」は、かつて東京急行電鉄を走行していた、東急5000系の鉄道車両です。
緑色の塗装と丸っこいフォルムがどことなくカエルに似ていることから、この愛称で呼ばれています。

トップナンバーである「5001号」の車両は、1993年に現役を引退した後、東急電鉄が保管していました。
その後2006年に渋谷区へ譲渡され、台車を取り外したり車体後部をカットするなどの加工がされた後、JR渋谷駅のハチ公前広場に設置されて、観光案内所として利用されることになったのです。

青ガエル2

遠くからでもよく目立つこの車両は、駅の待ち合わせ場所としても活用され、長い間 渋谷の街を見守ってきました。

青ガエル3

渋谷駅周辺では大規模な再開発計画が進められています。
「青ガエル」を今後どうするか協議した結果、渋谷駅のシンボル「忠犬ハチ公」ゆかりの地である秋田県大館市に移設することに決まったのだそうです。

青ガエル4

移設時の様子

青ガエルは2020年8月3日の早朝に渋谷駅から大型トレーラーで運び出され、大勢のファンと報道陣が見守る中、6日の早朝に秋田県大館市に無事到着しました。

 
その後、2020年11月1日から8日まで一般公開された後、ふるさと納税のクラウドファンディングで集めた資金で車両の再塗装を行い、今回ようやく正式に一般公開されることになりました。

長い旅を終え、東京都渋谷区から秋田県大館市へとやってきた「青ガエル」。
今後、大館市で新たな人生を歩むその姿を見守っていきたいと思います。

詳細情報

施設名:秋田犬の里
展示開始日:2021年5月7日(金)
住所:秋田県大館市御成町1丁目13-1
営業時間:9時~17時
休館日:12/31~1/1
秋田犬展示室は月曜日(祝日の場合は翌日)が休み
電話番号:0186-59-4649
駐車場:あり

※上記掲載内容は2021年5月7日時点の情報になります。

2021-05-07
秋田の話題