ご当地ソフト紀行

※私が訪れた場所(主に秋田県内)で発見した、ご当地ソフトクリーム・ご当地アイスクリームの紹介&試食レポートです。

(ただいまの総ソフト個数:607個)

じゅんさいソフト

  • (¥300)
  • JAンビニ アンアン
  • 秋田県三種町鹿渡字町後270
じゅんさいソフト

JA秋田やまもとの敷地内にある、農協直営のお店で購入できるソフトクリーム。

夏季&土日限定で販売されている「じゅんさいソフト」がリニューアルしたというので、食べに行ってきました。

ソフトクリームには三種町の特産品である、森岳産のじゅんさいを細かくしたものが混ぜ込まれています。
食べるとほんのりとじゅんさいの風味を感じます。

そこになんと、茹でたじゅんさいの新芽が1つトッピングされていますよ!

プルプルしたじゅんさいとソフトクリームの組み合わせがインパクトある、三種町ならではの一品でした。

(2020/07/05)
秋田県・お店

ジェラート(ピスタチオ+ローズ)

  • (¥490)
  • TiG
  • 秋田県仙北郡美郷町六郷字馬町102(65テラス1F)
ジェラート(ピスタチオ+ローズ)

美郷町に5月16日にオープンしたジェラート専門店「TiG(ティグ)」のジェラートです。

ショーケースの中には、本場イタリアで学んだ正統派ジェラートが並んでいます。
メニューはその日によって異なりますが、私が訪れたときは全部で13種類のジェラートが販売されていました。

価格はシングルが380円、ダブルが440円。「プレミアム」の白いタグが付いているジェラートはプラス50円になります。

今回は気になった「ピスタチオ」と「ローズ」のダブルにしてみました。

「ピスタチオ」はイタリア・ブロンテ産の高級ピスタチオを贅沢に使用していて、イタリアンジェラートの定番だそうです。
プレミアムのタグが付いているだけあって、ピスタチオの風味がジェラートにマッチしていて美味しいです。

「ローズ」はほんのりピンク色で、食べるとバラの香りがふんわりと広がります。上品で優雅な香りのするバラを厳選して使用しているそうです。

 ジェラートには「TiG」の焼き印が入ったビスケットが添えられています。サクサクしていてほんのり甘さと塩気があって、良いアクセントになっていました。

(2020/05/17)
秋田県・お店

ジェラート(リッチミルク+アーモンドプラリネ)

  • (¥440)
  • TiG
  • 秋田県仙北郡美郷町六郷字馬町102(65テラス1F)
ジェラート(リッチミルク+アーモンドプラリネ)

ジェラート(ピスタチオ+ローズ)と同じく、ジェラート専門店の「TiG」で販売しているジェラートです。

「リッチミルク」は秋田県の鳥海高原花立牧場のジャージー乳を100パーセント使用していて、低温殺菌による生乳本来の芳醇な味わいを楽しめます。

「アーモンドプラリネ」はカリフォルニア産のアーモンドをローストしてアメ焼きにしたものがジェラートの中に混ぜ込まれていて、アーモンドの香りと食感を楽しめました。

この他のメニューや、季節に応じて今後販売されるメニューも気になるので、ぜひまた美郷町を訪れてジェラートを食べたいと思います。

(2020/05/17)
秋田県・お店

プリンソフト

プリンソフト

角館の武家屋敷通り沿いにあるプリン専門店の「あきたプリン亭」で販売しているソフトクリームです。

バニラソフトの上にカラメルソースがかけられていて、食べるとまるでプリンのような味がします。

あきたプリン亭の看板メニューである「なめらかプリン」を思わせる一品でした。

(2020/05/17)
秋田県・お店

さくらソフト

さくらソフト

プリンソフトと同じく、「あきたプリン亭」で販売しているソフトクリームです。

このソフトは咲き誇る桜をイメージして作られているそうで、バニラソフトの上にピンク色の桜パウダーがふんだんに振りかけられています。
ソフトの横には、桜の枝をイメージしたチョコレートもトッピングされていますよ。

角館の美しい桜並木を思わせる、春にピッタリのソフトクリームです。

(2020/05/17)
秋田県・お店