あきたノート

【男鹿市】ブルーベリー摘み取りとカフェを楽しめる「男鹿ぶるーべりーガーデン」

男鹿半島にある「男鹿ぶるーべりーガーデン」に行ってきました!

ここには1ヘクタールの敷地内に広いブルーベリー園があり、併設されているカフェでは、ランチやブルーベリーを使ったスイーツを食べることができます。

お店の場所

男鹿ぶるーべりーガーデンは男鹿市北浦にあります。
ここから車で10分ほどの場所には、あじさい寺として有名な「雲昌寺」もありますよ。

なまはげライン側からくると、途中の道路沿いに、矢印が書かれた看板とノボリが立っています。
国道101号線側にも小さい目印があるようです。

お店の目の前にはこちらの看板が立っています。

ブルーベリー園

敷地内のブルーベリー園には、北国の環境に適したハイブッシュ系ベリーがずらりと植えられています。
およそ30種・1,250本のブルーベリーが栽培されているそうですよ。

今(6月半ば)はまだ実が青いですが、7月上旬頃になると実が大きくなって紫色に熟して、ブルーベリーの摘み取り体験が始まります。

ブルーベリー摘み取り体験は、入園料が中学生以上300円、小学生が100円。小学生以下は無料です。
摘んだ実は100グラム200円の量り売りになります。

木と木の間隔が広めで、木の高さもかなり低く仕立てられているので、小さい子供でも簡単に熟した実を探して収穫することができると思います。

収穫期が早い品種から遅い品種までいろいろ植えられているので、7月上旬頃から8月上旬頃なら、何かしらのブルーベリーの実を摘み取りすることができますよ。

【7/24追記】
今年は長雨の影響でブルーベリーの実が不作のため、摘み取り体験は7/24で終了となるそうです。

カフェ

カフェは店内のテーブル席と屋外のテラス席があります。

広いブルーベリー園を眺めながら、ランチメニューやブルーベリーを使ったスイーツを楽しむことができます。

ショーケースの中には手作りスイーツが並んでいます。
タルトやケーキ、プリンなどいろいろあって美味しそうですね。
パッケージ代50円を払うと持ち帰りもできます。

今回はランチメニューで、前から気になっていた夏季限定メニューの「ブルーベリーカレー」を注文してみました。
これにサラダとスープが付いてきます。

ルーの色が紫色な上、生のブルーベリーが入っていて、なかなかインパクトがある見た目ですね。
添えられている野菜やカレーの具はその日によって異なるそうで、今日は大きな鶏肉がゴロゴロ入っていました。

食べてみると、一口目は甘口かな?思うのですが、ピリピリとしたスパイスの辛さが後からやってきます。ブルーベリーの甘酸っぱさは特に感じないですよ。
お店の方が「見た目だけじゃなく味にもこだわっています」と言うだけあって、ちゃんと美味しいカレーでした。

 
秋田県産生乳100%のソフトに自家製ベリーソースをトッピングした「ブルーベリーソフト」もあります。
添えられているブルーベリーの実が大粒で新鮮!ソフトもなめらかで美味しいですよ。

この他のカフェメニューも気になりますし、秋田県プレミアム飲食券も使えるので、いずれまたこのお店を訪れたいと思います。

これからの時期にはブルーベリーの摘み取りも楽しめますので、男鹿半島に遊びに行った際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

詳細情報

店舗名:男鹿ぶるーべりーガーデン
営業時間:
 ◇カフェ10時~17時 (水曜日定休)
 ◇ブルーベリーガーデン10時~16時(水・木曜日定休)
住所:秋田県男鹿市北浦相川字神田12-3
電話番号:080-2842-1884
駐車場:20台

※ブルーベリー摘み取り体験は7月上旬から開始予定

関連情報
男鹿ぶるーべりーガーデン公式サイト
男鹿ぶるーべりーガーデンTwitter

 

2020-06-22
秋田の話題