あきたノート

【能代市】「天空の不夜城」の運行が8月2日と3日に行われます

能代市で8月2日(火)と3日(水)に「天空の不夜城」の運行が行われます。

高さ日本一(24メートル)の巨大な城郭灯籠「愛季」と、高さ17メートルの「嘉六」が、賑やかなお囃子とともに大通りを練り歩きます。

天空の不夜城

天空の不夜城の歴史

その昔、能代の伝統行事である「能代役七夕」では、城郭の型をした、高さ15メートルもある大きな灯籠が町の中を練り歩いていました。

しかし町中に張り巡らされた電線の影響で、灯籠は次第に小さくなり、いつしか最盛期の半分程の高さになってしまいました。

その後、大通りの電線を工事で地中化したことを機に、一世紀ぶりに復活を果たした巨大灯籠が「天空の不夜城」なのです。

嘉六

過去にこの地域で大火事が2回起こったため、古い資料がほとんど残っていない中、かろうじて現存していた白黒写真や文献などをもとにして、高さ五丈八尺(約17.6メートル)の「嘉六(かろく)」が2013年に制作されました。

色彩は当時の様子を想像し、豪華絢爛で雅な色合いでまとめられました。

嘉六

愛季

2014年には高さ24.1メートルの「愛季(ちかすえ)」も制作されました。

愛季は、2016年に東京ドームで行われた「ゆず」の20周年記念ライブの会場でも使用されています。

愛季

天空の不夜城会場

祭り当日は「嘉六」と「愛季」に加え、能代若七夕の灯篭が大通りを練り歩きます。

日中はけやき公園と能代市役所の間の道路に、灯篭が展示されています。

灯篭の展示

 
今年はイオン能代店付近に「有料観覧席」が設置されます。
イス席は3,000円、テーブル付きの特別席は5,000円です。

会場案内
出典:天空の不夜城

天空の不夜城

日が暮れると、明かりが灯された灯篭が大通りに運ばれ、運行を開始します。

灯篭は賑やかなお囃子とともに、昭南町交差点までの約1.1kmの道のりを往復し、再びけやき公園付近まで戻ってきます。

天空の不夜城1

暗闇の中に浮かび上がる灯篭は、昼間の派手な姿とはまた印象が違い、幻想的で美しい姿をしています。

天空の不夜城2

能代若七夕の見事なシャチホコも見応えがあります。

能代若七夕

一世紀の時を越え、現代によみがえった天空の不夜城。
ぜひ会場でその姿をご覧ください。

天空の不夜城4

天空の不夜城3

詳細情報

イベント名:天空の不夜城
開催期間:2022年8月2日(火)~3日(水)
開催時間:確認中
場所:国道101号線 能代市役所交差点~昭南町交差点(約1.1km)
問い合わせ先:0185-74-5109(天空の不夜城事務局)
※有料観覧席の問い合わせは0185-88-8802(能代観光協会)
駐車場:臨時駐車場あり

有料観覧席料金
・イス席(1席) 3,000円
・特別席(秋田杉丸太テーブル・地酒・ミネラルウォーター・オリジナル手ぬぐい付き。申込締切7/10、限定34席) 5,000円

※上記掲載内容は2022年6月29日時点の情報になります。

2022-06-29
伝統行事・祭り