あきたノート

【男鹿市】なまはげ柴灯まつり(2/7~2/9)

秋田県男鹿市の真山神社で、2月7日(金)から9日(日)の3日間「なまはげ柴灯まつり」が開催されます。

なまはげ柴灯まつりとは

「なまはげ柴灯(せど)まつり」は、真山神社の神事である「柴灯祭(さいとうさい)」と男鹿地区の民俗行事の「なまはげ」を組み合わせた観光行事で、毎年2月に男鹿市で行われます。

みちのく五大雪まつり」の一つとして、もともと観光客から人気の冬祭りだったのですが、2018年に「男鹿のなまはげ」がユネスコ無形文化遺産に登録されたこともあり、近年では観光客の数がさらに増えています。

神社の境内では鎮釜祭などの神事や、なまはげ踊り・なまはげ下山などの行事、護摩餅配りなどの厄除け行事等、さまざまな催し物が行われます。
会場近くの広場には飲食のテントがいくつか並びます。

イベントスケジュール

18:00 鎮釜祭・湯の舞(広場入口)
18:20 なまはげ入魂(参道入口)
18:35 なまはげ行事再現(神楽殿)
18:55 なまはげ踊り(柴灯火前)
19:05 なまはげ太鼓(神楽殿)
19:25 なまはげ下山(広場)
19:50 献餅(けんぺい)(参道)
20:00 里のなまはげ乱入(神楽殿・広場)
20:30まで 護摩餅配り・記念撮影会(神楽殿前)

祭りの見どころ

なまはげ柴灯まつりの一番のメインは「なまはげ下山」です。

会場を見下ろす山の上から、たいまつに火をともした なまはげたちが山道をゆっくりと下りてくるのですが、暗闇の中にたいまつの灯かりだけが揺らめいている様子は何とも荘厳です。

なまはげたちは「ウオー!」という勇ましい声をあげ、たいまつを片手に持って足を踏み鳴らしながら、境内を練り歩きます。
幻想的な雰囲気でありながら、とても勇壮で迫力があって、何とも言えない魅力がありますよ。


出典:男鹿なび

なまはげは、わらで編んで作った「ケラミノ」を着ているのですが、通るときになまはげから落ちた「わら」は、拾って頭に巻くと頭が良くなったり、病気をしないなどのご利益があると言われています(ケラミノから引っこ抜いたものは効果がありませんので注意してください)。

無料臨時駐車場

なまはげ柴灯まつりに合わせて、無料臨時駐車場が設置されます。

P1 なまはげ館大駐車場 約150台
P2 第1駐車場となり 約80台
P3 旧鳥居よこ 約30台
P4 なまはげオートキャンプ場 約200台
P5 男鹿温泉結いの宿別邸つばき駐車場 約150台

P4とP5からは会場までの無料シャトルバスが出ます。
(P4は20分間隔、P5は30分間隔)

臨時有料バス

道の駅おがと男鹿温泉交流会館五風前から、会場までの臨時有料バスが出ます。
道の駅おがからは片道約40分、五風前からは片道約20分です。
料金は1人1,000円(当日限り全線何度でも乗車可能)です。

【道の駅おが→会場】
15:45発→16:25着
16:45発→17:25着
18:05発→18:45着

【五風前→会場】
16:50発→17:10着
17:30発→17:50着

注意点

・入場の際に1人1,000円以上の協賛金が必要になります(高校生以下は無料です)。

・18時以降は傘の使用が不可になるので、雨や雪の場合、その対策が必要になります。
真山神社は小高い山の上にあるので、寒さ対策も重要です。

・なまはげ柴灯まつりの会場は、それほど広くない平らな場所です。
さらに見に来ている観光客の数自体がかなり多く、背が高い外国人観光客も多かったりするので、行事が見える場所を確保するのが意外と難しいです。
有料の立見観覧席(昨年は中学生以上1,000円でした)が会場内に何か所かあるので、これらを利用するのも一つの手です。

・一連の行事が間を空けずに立て続けに行われる上、場所も会場内のあっちの端かと思えば今度はこっちの端とコロコロ変わるので、見る側はとにかく忙しく移動し続けなければいけません。
素早く次の会場に移動しないと、出遅れてしまって、人の壁で行事が何も見えない…という事態になります(私はなりました)

あらかじめ会場の見取り図とイベントスケジュールを把握しておいて、なまはげ柴灯まつりを存分に楽しんでください。


出典:なまはげ柴灯まつり

2020-01-24
伝統行事・祭り