あきたノート

【秋田県】2022年版の「あきた県民手帳」が10月29日から販売開始!

今年も「あきた県民手帳」が店頭に並ぶ季節になりました!
2022年版は10月29日(金)から販売開始します。

あきた県民手帳

県民手帳とは

「県民手帳」は、各都道府県もしくは県統計協会が製作・販売している手帳です。

2022年版は北海道・東京・神奈川・京都・大阪・兵庫・長崎の7都道府県を除く全国40県で販売予定です。
(※長崎県民手帳は2021年版まで発行されていましたが、2021年3月に長崎県統計協会が解散しました。
京都は「府民手帳」はありませんが、「京都手帖」や「京ごよみ手帳」を販売しているメーカーがあるようです)

どれも各県が独自に発行しているものなので、手帳のデザインも内容も県ごとに異なりますが、その県の統計データや観光情報、特産品などの情報が手帳に掲載されているのが特徴です。

秋田県の「あきた県民手帳」は、秋田県企画振興部調査統計課が編集し、秋田市の秋田協同印刷株式会社が発行しています。

通常版

2022年版のあきた県民手帳のデザインは、昨年と同じく2種類あります。

「通常版」は605円(税込)です。
黒いカバーに秋田県の県章と年号が金色で箔押しされている、シンプルかつシックなデザインです。

あきた県民手帳表紙

あきた県民手帳表紙2

限定カラー版

「限定カラー版」は770円(税込)です。

こちらの手帳は透明なビニールカバーで、中に紙製のリバーシブルの表紙が2枚(4色分)入っています。

限定カラー版

今年はえんじ色、黄色、水色、黄緑色です。
自分の好みに合わせて好きな色の表紙に差し替えできます。

リバーシブル表紙1

リバーシブル表紙2

カバーと手帳の間に自分の好きなイラストを挟んだり、シールを貼ったりしてカスタマイズしても楽しそうですね。

手帳の中身は通常版も限定カラー版もまったく同じなので、好きな表紙の方を選ぶのが良いと思います。
※通常版しか販売していない店舗もありますのでご注意ください。

あきた県民手帳詳細

あきた県民手帳の大きさは縦15センチ、横8.5センチ。厚さは1センチほどです。

あきた県民手帳大きさ

背表紙

月間スケジュールの始まりは2021年12月、終わりは2023年3月です。

手帳の余白部分には、手話や秋田県のトピックスなどが印刷されています。

月間スケジュール

週間スケジュールのページには、見開きで1日のスケジュールを記入することができます。

週間スケジュール

表紙の裏や巻末には、秋田の県章や地図、特産品、観光マップ、秋田県民歌の楽譜や歌詞、県の人口の推移や事業所数など、詳細な統計データがいろいろ載っています。

裏表紙

秋田県民歌

統計データ

秋田県の特産品他

秋田県観光マップ

秋田県内で開催される行事の日程も、1年分ずらりと記載されていますよ。

秋田県の行事

官公庁や文化施設などの連絡先の他、県民相談窓口や救急医療機関の連絡先も載っているので、いざという時にも役立ちそうです。

秋田県に関するデータが満載の、まさに秋田県民のためのスケジュール手帳。
秋田県内の書店、コンビニ、県庁・各地域振興局売店などで販売されますので、今年もぜひチェックしてみてくださいね。

詳細情報

商品名:あきた県民手帳
発売日:2021年10月29日(月)
価格
通常版:605円(税込)
限定カラー版:770円(税込)

2021-10-29
秋田の話題