あきたノート

【大館市】まもなく開催!秋田県種苗交換会(10/30~11/5)

10月30日(水)から11月5日(火)に「第142回秋田県種苗交換会」が開催されます。
これは秋田県内の各地域が毎年持ち回りで開催している大規模な農業イベントで、今年は大館市で行なわれます。


出典:第142回秋田県種苗交換会

「秋田県種苗交換会」という名前だけを聞くと、種とか苗を売っている農家向けのイベントなのかな?と思いがちですが、各会場でステージイベントやグルメ屋台、特産品販売、入賞した農産品の展示などの様々な催し物が行なわれるので、農業関係者でなくても楽しめるイベントですよ。


出典:第142回秋田県種苗交換会

主会場

主会場となるタクミアリーナ(大館市樹海体育館)では「農産物出品展示」が行なわれます。

野菜や果物、米、花、加工品等々、県内各地から出品された様々な特産品が会場内にずらりと並び、その中でも優秀な出来栄えの物には 「壱等賞」や「知事賞」「農林水産大臣賞」などが贈られます。(写真は以前開催された種苗交換会のものです)

果物や野菜は時間がたつとしなびてきてしまうので、できれば初日や2日目などの早い時期に見るのがおすすめです。
最終日だとシナシナになっていたり、傷んで撤去されていたりするものも多いです。

広い会場内を見て歩くだけでも、秋田県内でいろいろな農産物や加工品が生産されていることがわかって勉強になります。

他に「JA地産地消展」「秋田県産米改良展」などの農業関係情報のブースや、「大館市農工商フェア」コーナーもありますよ。

協賛第1会場

協賛第1会場のニプロハチ公ドームでは「農業機械化ショー」が行なわれます。
大型コンバインやトラクター、乗用田植機をはじめ、ありとあらゆる農業資材や機械が展示・販売されています。

農機メーカー各社の最新機種がずらりと並んでいますし、オペレーターの方が実演しているコーナーもあって、なかなか見応えがあります。

このキャタピラの造形美!

1,200万円の農業用ドローンや1,800万円の最新型コンバインなども会場に無造作に並んでいます。
タブレット端末で操作するものや、GPS機能を使って自動運転するものなど、農機具も年々ハイテク化していてすごいですね。

この会場にはグルメ屋台やJA女性部食堂のテントが並ぶので、個人的には協賛第1会場が一番の目的地だったりします(笑)

ご当地グルメの屋台や軽食コーナー、雑貨、特産品販売など、いろいろなテントが軒を連ねます。
植木苗木市もこの会場で行なわれますよ。

協賛第2・第3会場

協賛第2会場のほくしか鹿鳴ホール(大館市民文化会館)では「郷土芸能発表会」や「クボタ民謡フェスティバル」などのステージイベントが開催されます。

協賛第3会場のメモリスあきた北では「談話会」と「農村における健康を考える集い」が開催されます。

アクセス

主会場周辺には駐車場がないので、自家用車で行く場合は臨時駐車場を利用します。
「イオンスーパーセンター」「長根山運動公園」「ホテルルートイン大館駅南 横」「エコプラザ」が臨時駐車場になっていて、そこから主会場と協賛第1会場までの無料シャトルバスが運行します(エコプラザは土日祝のみの運行です)。

協賛第2会場への無料シャトルバスはないので、路線バスを利用する形になります。

詳細情報

開催日:2019年10月30日(水)~11月5日(火)
時間:9時~16時 (最終日は14時30分)

主会場:タクミアリーナ(秋田県大館市上代野八幡岱29-4)
協賛第1会場:ニプロハチ公ドーム (秋田県大館市上代野稲荷台1-1)
協賛第2会場:ほくしか鹿鳴ホール (秋田県大館市字桜町南45-1)
協賛第3会場:メモリスあきた北(秋田県大館市比内町扇田上中島8-15)

入場料:無料

関連情報:第142回秋田県種苗交換会

2019-10-18
イベント