あきたノート

【湯沢市】全国まるごとうどんエキスポ(10/5~6)

日本三大うどんの一つである「稲庭うどん」の産地、秋田県湯沢市。
今年もこの場所で、全国各地のご当地うどんが集まる「全国まるごとうどんエキスポ」が開催されます。


出典:全国まるごとうどんエキスポ

イベント内容

今年で9回目となるこのイベント。
北は北海道から南は沖縄まで、全部で20種類のご当地うどんが会場に集まり、投票でNo.1を決める「ご当地うどんグランプリ」を開催します。

来場者は、うどん1杯券が3枚綴りになったチケット(当日券1,200円、前売券1,000円)を購入して好きなうどんを食べ、投票所でチケットの半券を美味しいと思ったうどんの投票箱に入れます。
この得票数が一番多かったうどんが、2019年のグランプリに選ばれますよ。

昨年グランプリに輝いた「名古屋きしめん」や、初出場の2014年にグランプリを取って以降 毎回必ずベスト3に入る「ガマゴリうどん」、今年初出場の「吉田のうどん」など、会場には気になるうどんがいろいろ!


出典:全国まるごとうどんエキスポ


出典:全国まるごとうどんエキスポ


出典:全国まるごとうどんエキスポ

地元秋田の「稲庭うどん」も、つけ麺や温かけ、冷かけ、カレーうどんなどバリエーション豊富。普段稲庭うどんをカレーで食べることはあまりないので、どんな味なのか気になります。


出典:全国まるごとうどんエキスポ

「ご当地うどん」と一口に言っても、出汁の味付けや具の種類、麺の太さや縮れ、コシなどは千差万別。食べ比べるとそれぞれ違いがわかって面白いです。

コシの強い麺の讃岐うどんや稲庭うどん、北海道の昆布出汁に長崎のあご出汁。あっさりスープの沖縄そばに、出汁しょうゆで食べる武蔵野うどんなど、どのうどんも特徴があって良いですね。
普段なかなか食べる機会がない、全国各地のうどんが集まるこのイベント。ぜひ会場であなたのお気に入りの1杯を見つけてみてください。

出店店舗・出場回数

・北海道純雪うどん(北海道/5回目)
・下川手延べうどん(北海道/5回目)
・岩手のじゃじゃ麺(岩手県/8回目)
・稲庭うどん(秋田県/9回目)
・白石温麺(宮城県/7回目)
・ひっぱりうどん(山形県/4回目)
・山形肉うどん(山形県/7回目)
・塩ホルモンうどん(茨城県/8回目)
・水沢うどん(群馬県/8回目)
・熊谷うどん(埼玉県/9回目)
・村山かてうどん(東京都/7回目)
・武蔵野うどん(東京都/7回目)
・吉田のうどん(山梨県/初登場
・名古屋きしめん(愛知県/9回目)
・ガマゴリうどん(愛知県/6回目)
・伊勢うどん(三重県/3回目)
・大阪かすうどん(大阪府/5回目)
・本場さぬきうどん(香川県/8回目)
・五島うどん(長崎県/9回目)
・沖縄そば(沖縄県/3回目)

協賛イベント

会場に並ぶのは、うどんの屋台だけではありません。
湯沢雄勝の特産品や農産物を販売する「特産市コーナー」や、地元の学生たちが企画した商品を販売する「チャレンジショップ」、お酒やおつまみなどを楽しめる「エキスポバル」など、会場付近にはさまざまな屋台がずらりと並びます。

ステージイベントやミュージックストリート、オールドカー展示なども開催されるので、食べ歩きをせずにのんびり見て歩くだけでも色々楽しめますよ。
七夕絵どうろう絵つけ体験や酒蔵見学などの体験型イベントもありますし、子供向けの遊具が置かれたキッズコーナーもあります。

前売券について

あらかじめ前売券(1,000円)を購入しておくと、当日券を買うよりも200円お得です。
前売券は商工会議所や佐藤養助商店、グランマート、ビフレなどで販売しています(販売場所はこちらのページでご確認ください)
イープラスでも手数料0円で購入できます。

使わずに残ったチケットは、特産市コーナーや商店街の協賛店で金券代わりに使用できます。使用期限は短い(例年だいたい1週間ぐらい)ので、余ったら早めに使ってしまう方が良いです。

詳細情報

開催日:2019年10月5日(土)~6日(日)
時間:5日 10時~18時 、6日 10時~17時
場所:湯沢市役所駐車場特設会場(秋田県湯沢市佐竹町1−1)
入場料:無料
チケット:うどん1杯券3枚綴り1,200円(前売券1,000円)

アクセス:湯沢駅から徒歩約10分。
※イオンスーパーセンター湯沢店からは、会場までの無料シャトルバスが約20分おきに発着します。

関連情報:全国まるごとうどんエキスポ2019in秋田・湯沢

2019-09-18
イベント