あきたノート

【秋田市】夜の動物園&ナイトアニパ(8/10~12、14~15)

秋田市の大森山動物園で「夜の動物園」というイベントが開催されます。
いつもは入ることができない日暮れ後の動物園で、昼間とは違う動物たちの姿を見ることができますよ。
さらに動物園内の遊園地では「ナイトアニパ」も同時開催されます。

夜の動物園

夜行性の動物たちの生態を観察したり、めったに見ることができない夜の動物園内の不思議な雰囲気を満喫できます。
飼育員さんが解説しながら動物たちにエサをあげる「夜のまんまタイム」や、来場者がエサをあげることができる「エサやり体験」などのイベントが開催されますよ。
日替わりで「カワウソのプニプニタイム」や「森の撮影会~トリと写真をトリましょう~」「サル山前deすいか割り」などの特別イベントも開催され、園内では生ビールの販売も行われます。


出典:秋田市大森山動物園

ナイトアニパ

動物園内にある遊園地「アニパ」が、夜の動物園の5日間は、21時まで夜間営業します。
秋田では普段味わえない「夜の遊園地」を楽しめちゃいますよ。
暗闇の中を走るジェットコースターやファイヤーバードは、昼間に乗るよりもさらに迫力満点!
夜のメリーゴーラウンドはフォトジェニックだし、観覧車から見える秋田の夜景はロマンチックかも?

ちなみに11日(日)の19時30分から雄物川の河川敷で「雄物川花火大会」が開催されるので、動物園や遊園地から雄物川方面を見下ろすと、遠くの方に花火が上がっているのが見えるというおまけもありますよ。

イベント期間中は、のりもの1回券(300円)、4回券(1,100円)、特別10回券(2,000円)のみの販売です。
通常は8回券が2,100円なので、のりものに2回分お得に乗れちゃいますね。

注意事項

夜の動物園が開催されるのは8/10~12、14、15の5日間です。13日は日中のみの開園なのでご注意を。
16時半に動物園がいったん閉園した後、17時半から「夜の動物園」として開園します。
(入り口横の無料休憩所はずっと利用できるので、1時間そこで時間をつぶしてもOKです)
昼の動物園を見てから引き続き夜の動物園を見学する場合は、再度入園料が必要になるので、昼と夜の両方を見る場合は、年間パスポートを買った方がお得です。

また「夜の動物園」の開催期間中は、秋田駅西口から大森山動物園行きの臨時バスが出ます。
秋田駅発が17時00分と17時30分、大森山動物園発が20時40分と21時10分です。
片道料金は大人500円、小人250円です。

詳細情報

開催期間:2019年8月10日(土)~8月12日(月)、8月14日(水)~8月15日(木)
 ※13日は日中のみの開園です。
時間:17時30分~21時(入館は20時30分まで)
場所:秋田市大森山動物園(秋田県秋田市浜田潟端154)
入場料:大人720円、高校生以下無料
 年間パスポート1,230円
 ※通常開園から引き続き夜の動物園を見学する場合は、再度入園料が必要です。

関連情報:夜の動物園を開催します(秋田市大森山動物園)

ナイトアニパ(大森山遊園地アニパ)

2019-07-29
イベント