あきたノート

【秋田市】土崎港曳山まつり(7/20~21)

秋田市で今年も「土崎港曳山まつり」が行われます。7月20日が宵祭、21日が例祭です。
今年はちょうど日程が土日と重なっているので、例年よりも会場が賑わいそうですね。

イベント内容

大きな武者人形や角灯篭などで飾りつけた「曳山」を土崎地区の各町内で製作し、町内を練り歩いた後に神社に奉納するというこのお祭りは、日本の「重要無形民俗文化財」に指定されています。


出典:土崎港曳山まつり

賑やかな笛や太鼓のお囃子とともに、高さ5メートルほどもある大きな曳山が、土崎地区を進んでいきます。
力を合わせて綱を引く掛け声、曳山の大きな車輪が軋む音、ひしゃくで車輪にかけられる油の匂い。華やかで荒々しくて活気がある、まさに祭り!といった雰囲気のお祭りです。

曳山の武者人形や見返しは各町内がそれぞれ趣向を凝らし、毎年違った飾り付けをして観客の目を楽しませてくれます。

大通りの決まった場所に差し掛かると、曳山が止まり、各町内独自の歌や踊りが披露されます。高らかに民謡を歌い上げたり、花笠や番傘などの小物を持って踊ったり、それぞれ違った魅力がありますね。

曳山の車輪は前後にしか進まないので、大通りを曲がる時は、まずは大きな車輪に棒を噛ませ、潤滑剤代わりの油をひしゃくでバシャバシャかけます。
そして前方の綱を一気に真横に引いて、一瞬で曳山を90度回転させます。これがなかなか迫力満点!

初日の「郷社参り(ごうしゃまいり)」や2日目昼の「御幸曳山(みゆきやま)」も見応えありますが、やはり一番盛り上がるのは、2日目の20時から始まる「戻り曳山(もどりやま)」ですよ。
「あいや節」の演奏とともに、明かりが灯された曳山の行列が、人がひしめき合う大通りを進み、自分の町内へと戻っていきます。

曳山の運行は日付が変わる頃まで続くので、祭り会場もそれまでずっと賑やかです。
通りに沿って祭りの出店がずらりと並びますし、「土崎ゴールデン広場」という協賛イベント会場では、地元の飲食店がフードメニューや地酒を販売するので、こちらも楽しみですね。

勇壮な祭りの様子を間近で見ることができる「土崎港曳山まつり」をぜひ楽しんでください。

詳細情報

開催期間:2019年7月20日(土)~7月21日(日)
場所:秋田県秋田市土崎地区

関連情報:土崎港曳山まつり

2019-07-18
イベント