あきたノート

【横手市】ビッグコミック50周年展&鋼の錬金術師展(7/6~)

7月6日(土)から横手市でマンガに関する企画展が行われます。
秋田県立近代美術館では「ビッグコミック50周年展」、横手市増田まんが美術館では「鋼の錬金術師展」がそれぞれ開催されます。

ビッグコミック50周年展

小学館発行の男性向け漫画雑誌「ビッグコミック」の50年の歩みを創刊号から振り返ることができる展示会。
さいとう・たかをの「ゴルゴ13」や手塚治虫の「地球を呑む」などの創刊初期からの作品や、石ノ森章太郎の「HOTEL」やかわぐちかいじの「空母いぶき」、細野不二彦の「ギャラリーフェイク」などの巨匠の名作、そして現在連載中の紙面を原画などと一緒に楽しむことができます。

中学生以下はなんと入場無料。そして展示室内は撮影可能!
「大人のためのコミック誌」を開拓したビッグコミックの50年間の軌跡を、330点の展示で振り返ります。

開催期間:2019年7月6日(土)~9月8日(日)
時間:9時30分~17時(最終入館16時30分)
場所:秋田県立近代美術館(秋田県横手市赤坂富ケ沢62-46)
入場料:一般1,000円、高・大学生500円、中学生以下無料

関連情報:ビッグコミック50周年展(ABS秋田放送)

秋田県立近代美術館

鋼の錬金術師展

『月刊少年ガンガン』で連載していた漫画「鋼の錬金術師」。
世界累計売上部数は7,000万部を超え、2度のアニメ化と映画化をした人気作品の企画展が、まんが美術館で開催されます。

荒川弘先生の生原稿や直筆イラストを間近で見ることができるのはもちろん、会場ではオリジナルグッズの販売も行われます。
入場者には4コマ漫画ブックマーカーのプレゼントもありますよ。

「鋼の錬金術師」の世界を余すところなく堪能できる企画展。ハガレンファンはこの機会をぜひお見逃しなく!

開催期間:2019年7月6日(土)~9月29日(日)
時間:10時~18時(入館は17時30分まで)
場所:横手市増田まんが美術館(秋田県横手市増田町増田字新町285)
入場料:大人800円、高校生600円、中学生400円、小学生200円

関連情報:鋼の錬金術師展(横手市増田まんが美術館)

2019-07-05
美術・芸術